「だれもが、しあわせになる。」

マツダは、30年前にこの小さなスポーツカーを苦労の末に世に送り出しました。

100万台以上を世界中にお届けしたロードスター30年の歴史には、
それぞれの時代を反映した個性的な特別仕様車や記念車が存在しています。

~1999年までの特別仕様車

   

   

ロードスター10周年記念車

1.8L 6MT車をベースとし、イノセントブルーマイカの外板色、光沢バフ仕上げを施したアルミホイールを採用。内装色は黒を基調としながら、外板色と協調するブルーを組合せたツートーンとし、メーター外周のクロームメッキリング、センターコンソールパネルにはカーボン調素材を配しました。ブルー色の専用キー、シリアルナンバーを記したオーナメントなどを装備。さらに、オーナー認定証、オリジナル腕時計などを含むギフトセットを成約者に進呈しました。なお国内仕様のみ、ピストンなど一部のエンジン部品は重量バランスに注目して厳選したものを組み込んでおり、吹け上がり・伸び・レスポンスの良さを追求しています。

ロードスター10周年記念車

~2004年までの特別仕様車

   

~2009年までの特別仕様車

   

ロードスター20周年記念車

日本市場での20周年記念車は、最初のフェイスリフトを受けた3代目ロードスターのソフトトップモデル「RS」(6MT)およびパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)モデル「VS RHT」(6AT)をベースに、クリスタルホワイトパールマイカの外板色に赤と黒の内装色を組み合わせました。バケットタイプのRECARO社製専用スポーツシート、20周年を表す専用オーナメント、クリアタイプのフロントフォグランプ等を特別装備しました。また欧州市場では、クリスタルホワイトパールマイカに加え、トゥルーレッドとオーロラブルーマイカのボディカラーを1.8Lエンジン、5MTのソフトトップモデルのベースグレードに組み合わせて販売しました。

ロードスター20周年記念車

  • 画像はMazda MX-5 20周年記念車(欧州仕様車)です。

~2014年までの特別仕様車

BLACK TUNED

RHT車をベースに、ハードトップやドアミラー、アルミホイールなどをブラックで統一し、存在感のあるスピリティッドグリーンの外板色も設定

BLACK TUNED

   

ロードスター25周年記念車

2度目の外観リファインが施された3代目ロードスターのRHTモデル(6MT)をベースに、ソウルレッドプレミアムメタリックの外板色、ブリリアントブラックで統一したルーフ、フロントピラー、ドアミラー、オフホワイトのレザーシートおよびドアトリム、手塗り仕上げのインテリア装飾パネルなどを盛り込みました。また、ベストバランスを求めてピストン、コネクションロッド、フライホイールなど、エンジンの回転系部品を厳選し、よりスムーズなエンジンフィーリングとサウンドを追求しています。

ロードスター25周年記念車

  • 画像はMazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition(米国仕様車)です。

~2019年までの特別仕様車

   

ロードスター30周年記念車

4代目ロードスターのソフトトップとRFをベースとし、専用外板色レーシングオレンジを採用。オレンジをアクセントとしたカラーコーディネートをブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネ、シフトレバー等に施しました。シリアルナンバー付オーナメント、RAYS社と共同開発した鍛造アルミホイール、RECARO社製シート、ビルシュタイン社製ダンパー(MT車のみ)、Brembo社製フロントブレーキキャリパー、NISSIN社製リアブレーキキャリパーを組み合わせ、30年間ロードスターを育ててくださったお客さまへの感謝を全身で表現しています。

ロードスター30周年記念車

  • 画像はMAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(シカゴオートショー出展車両)です。

私たちの使命は、お客さまの期待にお応えするだけでなく、期待を超えるクルマづくりに挑戦し、
ファンの皆さまとともにロードスターを育て続けていくことだと考えております。

「だれもが、しあわせになる。」

この言葉とお客さまへの感謝の気持ちを胸に、私たちはこれからも常に皆さまが、
そして私たち自身も笑顔になれるようなロードスターを世に送り出し、
ともに楽しみ続けることができるよう一層努めてまいります。

関連コンテンツ

ロードスター30周年記念動画

ロードスターの誕生からNDへ至るまでの想いを、当時の開発主査・デザイナーを交えて語っていただきました。

TOP