「人馬一体」を研ぎ澄ます。

求めたのは、人とクルマが心を通い合わせて駆ける人馬一体の楽しさ。そして、乗るたびに深まっていく歓び。
ドライバーのリズムにクルマが応える、意のままのドライビングフィールを生み出すため、
革新のSKYACTIV-G 1.5に最新技術を搭載。ロードスターの走りが、さらなる進化を遂げました。

意のままのドライビングフィールを生み出すための革新技術

SKYACTIV-G 1.5
走りの楽しさを深めるFR専用設計1.5Lエンジン

アクセルを踏んだ瞬間に感じる力強いトルク。低速域からトップエンドの7,500rpmまで、リニアにスムーズに回っていく加速フィール。それが、後輪駆動のライトウェイトオープンスポーツのために開発し、スチール製の鍛造クランクシャフトや軽量フライホイール(MT車)などの専用パーツを備えるSKYACTIV-G 1.5。理想の追求から生み出した最新技術を取り入れ、アクセルレスポンスとコントロール性にさらなる磨きをかけて、クルマとの一体感をより高めました。

(搭載グレード:全車)

SKYACTIV-MT
唯一無二のシフトフィールを追求

手首の返しだけで正確に操作できるショートストロークはもちろんのこと、確かな手応えと軽快さ、なめらかさを感じられるシフトフィールを実現しています。
また、エンジンの初期トルク応答を向上させるとともに、駆動力伝達部品のひねりとその戻りで発生する加速度の揺らぎを予測制御によって抑えることで、すっきりとした加速感を実現しました。

(搭載グレード:MT全車)

   

 
意のままの走りを楽しむ6速AT

 
意のままの走りを楽しむ6速AT

シフトフィールのダイレクト感と優れた燃費性能を実現したロードスター専用の6速AT。意のままの走りをサポートするステアリングシフトスイッチと「ドライブセレクション」を備えています。
また、スポーツ走行時のターンインでの変速タイミングやターンアウトの駆動力の制御などをより緻密につくり込みました。

(搭載グレード:AT全車)

SKYACTIV-BODY
革新のオープンボディ

SKYACTIV-BODY
革新のオープンボディ

オープンカーのロードスターのボディでも、SKYACTIV-BODYならではの基本骨格を可能な限り直線で構成する「ストレート化」と、各部の骨格を協調して機能させる「連続フレームワーク」をベースとしています。そこに、高張力・超高張力鋼板やアルミ材などを採用し、軽快感と剛性感を高次元で両立した革新のオープンボディを造り上げました。

(搭載グレード:全車)

SKYACTIV-CHASSIS
操る楽しさが際立つシャシー

後輪駆動らしい軽快な動きを思いのままに操れるよう、サスペンションにはフロントにダブルウィッシュボーン式、リアにマルチリンク式を採用。減速時の安定感、ステアリングとアクセルワークで自在にクルマの動きを操れる優れたコントロール性を追求しました。そしてデュアルピニオン式電動パワーステアリングが、路面からの入力をドライバーに正確に伝えます。

(搭載グレード:全車)

SKYACTIV-CHASSIS
操る楽しさが際立つシャシー

後輪駆動らしい軽快な動きを思いのままに操れるよう、サスペンションにはフロントにダブルウィッシュボーン式、リアにマルチリンク式を採用。減速時の安定感、ステアリングとアクセルワークで自在にクルマの動きを操れる優れたコントロール性を追求しました。そしてデュアルピニオン式電動パワーステアリングが、路面からの入力をドライバーに正確に伝えます。

(搭載グレード:全車)

Photo:S Special Package MT車

ドライブセレクション

シフトレバー手前のスイッチを「SPORT」モードにすると、出力特性や変速タイミングの制御、変速スピードが変わり、アクセル操作に対して力強い加速を発揮。スポーティな走りはもちろん、交通量の多い道での合流などでもドライバーの意図に沿ったスピードコントロールが可能です。

(搭載グレード:AT全車)

ドライブセレクション

シフトレバー手前のスイッチを「SPORT」モードにすると、出力特性や変速タイミングの制御、変速スピードが変わり、アクセル操作に対して力強い加速を発揮。スポーティな走りはもちろん、交通量の多い道での合流などでもドライバーの意図に沿ったスピードコントロールが可能です。

(搭載グレード:AT全車)

マツダのクルマづくり

関連コンテンツ

TOP