MAZDA

安全性能

安全性能

走る歓びは、確かな安全の上に生まれる。

先進安全技術を標準装備し、全車サポカーS・ワイドに該当。

事故につながる疲労や誤操作を減らす

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。それが、マツダの安全思想、“ MAZDA PROACTIVE SAFETY ”です。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、
事故のリスクを最小限に抑えます。

理想のドライビングポジション

マルチインフォメーションディスプレイ(TFTカラー液晶)

マツダ独自の視界性能

先進の安全技術がドライバーの危険認知をサポート

すべてのグレードが先進安全技術を標準装備し、
「サポカーS・ワイド」に該当。

標準装備の先進安全技術一覧はこちら

気兼ねなくハイビーム走行することで
夜間の安全な視界を確保 。

グレアフリー(防眩)ハイビーム

例えば、約40km/h以上での走行時、相手車両に眩しい思いをさせることなく、ハイビームを照射し優れた視認性を確保。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)について詳しく

気兼ねなくハイビーム走行することで
夜間の安全な視界を確保 。

グレアフリー(防眩)ハイビーム

例えば、約40km/h以上での走行時、相手車両に眩しい思いをさせることなく、ハイビームを照射し優れた視認性を確保。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)について詳しく

ブレーキを自動制御で、より安全な走行をサポート

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

アドバンストSCBSについてさらに詳しく

ブレーキを自動制御で、より安全な走行をサポート

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)

先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

アドバンストSCBSについてさらに詳しく

衝突時の乗員・歩行者を保護する

PASSIVE SAFETY/BASIC SAFETY

さまざまなシーンを心のままに駆ける、ロードスターのドライバーと同乗者のために、 全身に万一への綿密な備えを施しています。

PASSIVE SAFETY/BASIC SAFETYについて詳しく

衝突時の乗員・歩行者を保護する

PASSIVE SAFETY/BASIC SAFETY

さまざまなシーンを心のままに駆ける、ロードスターのドライバーと同乗者のために、 全身に万一への綿密な備えを施しています。

PASSIVE SAFETY/BASIC SAFETYについて詳しく

  • 記載の価格はメーカー希望小売価格(消費税8%込み)です。価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。また、保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。
  • 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。
  • ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。
  • メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。
  • 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。
  • WLTCモードの燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。また、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。
TOP