もっともっと、人とひとつになるクルマを。

クルマは単なる道具ではありません。
その色彩に気持ちが高まり、その輝きに心踊る。
私の思いを汲み取ったかのように、いつも心地よく応えてくれる。
こんな風に心を通わすことができれば、
いつまでも、ともに走っていたい存在になれるはず。
人とクルマのかけがえのない関係を目指して、
マツダの新しい挑戦が続いています。

マツダの次なる挑戦


マツダは小さなクルマでも安全性能に差をつけない。

マツダは小さなクルマでも安全性能に差をつけない。

そう考えるマツダは、ハイエンドモデルに搭載された安全技術を、
コンパクトカーのデミオにも標準装備しました。
国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「セーフティ・サポートカーS」(略称:サポカーS) 。
その中でも、デミオからCX-8までの車種が「サポカーS・ワイド」に該当しました。

独自の思想をさらに磨き、深化したマツダデザイン。

独自の思想をさらに磨き、深化したマツダデザイン。

CX-5では、日本の伝統的なモノづくりが継承してきた、
無駄を削ぎ落とすことで生まれる研ぎ澄まされた美しさを追求。
魂動の表現をより高次元へと昇華させることに挑戦しました。

自動車史上類のないテクノロジー(*)、G-ベクタリング コントロール誕生。

自動車史上類のないテクノロジー(*)
G-ベクタリング コントロール誕生。

人馬一体への挑戦が生んだ新たなブレイクスルー、「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」。
その第一弾となるのが、革新技術”G-ベクタリング コントロール”です。
*2016年6月現在の量産車として マツダ調べ

マツダのクルマづくりを知る


MAZDA DESIGN/Cockpit

MAZDA DESIGN

生命感を形にするクルマは、単なる鉄の塊ではありません。
それは「命あるもの」だとマツダは考えます。
マツダ独自のデザイン思想「魂動デザイン」をご紹介します。

COCKPIT

マツダはつねに、人とクルマがつながりあうために、
人間中心の設計によるドライビングポジションを追究しています。

i-ACTIVSENSE/i-ACTIV AWD

i-ACTIVSENSE

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。
それが、マツダの安全思想です。
この考えに基づき開発したのが「i-ACTIVSENSE」という
先進安全技術群。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

i-ACTIV AWD

降りしきる雨や雪、そして悪路。いかなる路面に遭遇しても、
思いのままの走りを実現する新世代4WDシステム、
i-ACTIV AWDをご紹介します。

Experience

- マツダを体感 -

Be a driver.Experience/マツダブランドスペース大阪

Be a driver.
Experience

マツダは、人とクルマの関係を深める、
さまざまな体験の場をご用意しています。

マツダブランド
スペース大阪

マツダがクルマづくりにかける想いや
こだわりをお客様にお伝えするブランド発信基地です。

  

Mazda Awards


カンタン見積り

試乗車検索

販売店検索

カタログ請求