思想を実現する、マツダのクルマ作り

生命感を形にする

クルマは、単なる鉄の塊ではありません。それは「命あるもの」だとマツダは考えます。
ドライバーとクルマの関係を、まるで愛馬と心を通わせるかのように、
エモーショナルなものにする。
そのための造形を追い求めつづけるのが、マツダの「魂動デザイン」です。

魂動

魂を吹き込む

生きたクルマをつくる。それは表面的な形をなぞることではありません。
クルマの形にとらわれない、純粋に生命感をカタチにするチャレンジと、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた高い造形力「匠の技」によって成し遂げられたものです。我々の情熱とこだわりを感じてください。

魂を動かすクリエイション

マツダのデザインテーマ、"魂動"。
私たちは、直感的なイメージを大切にして、最も魂を動かす、マツダ独自の立体表現を生み出します。作り手の想いを積み重ね、マツダ車のデザインに結実させています。

   

魂を吹き込むこだわり

人とクルマの絆を創り、ただの機械を超えた存在にしたい。 モノに宿る“魂”を細部にまで感じて頂きたい。だからこそ、 “人の手から生まれるモノづくり”を大切にしています。

   

魂を生み出す技

ただカタチを作っても、魂は宿らない。生きたクルマを作るため、想いを注ぎます。

おすすめ

開発者が語る"クルマに命を宿す、デザインの力。"

マツダが誇る” 匠の技” 人間の手で創りだす、感性に訴える造形美

マツダが誇る” 匠の技” 色と素材で、デザインに“質感”を与える

マツダデザインの変遷を体感。 Automobile Council 2016

「魂動デザインは心を揺り動かしてくれる」 Mazda Design 取材会 参加者

カーラインナップ