SKYACTIV TECHNOLOGYとは?

SKYACTIV TECHNOLOGYの開発思想
「ゼロからの革新。世界一のクルマをつくる。」

スピリット (ディレクターズカット)

世界一のクルマをつくる。その実現のためには、これまでのアベレージのクルマをつくる考え方とは違った、全く別の発想が必要でした。
マツダは、クルマの基本を白紙に戻し、すべてをゼロからつくり直すという、大きなチャレンジを選択しました。
そうして生まれたスカイアクティブ テクノロジーには、マツダが目指すクルマの未来が表されています。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS

エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなどのスカイアクティブ テクノロジーの個々のユニットを統合的に制御し、全体最適の考え方で連携することによって、マツダの提供価値の根幹である「人馬一体」の走行性能を更に高める新世代車両運動制御技術の総称です。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS

「走る歓び」をすべての人に。SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS

マツダの人馬一体への飽くなき挑戦が生み出した新しいブレークスルー。

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの詳細はこちら

エンジン
圧倒的な低燃費と、クルマを走らせる歓びを両立

マツダはガソリンエンジン、ディーゼルエンジンともに、燃費・パワー・排ガス性能を飛躍的に高めた高効率エンジンを開発しました。ベースとなる内燃機関の効率を向上させることで、ハイブリッドカーにおいても、モーターやバッテリーなどの電気デバイスは小さくてすみ、マツダらしい走る歓びを実現することができるのです。

SKYACTIV-D

SKYACTIV-D

走りの楽しさ、燃費向上、クリーン性能。
ディーゼルエンジンの常識をくつがえす低圧縮比(※1)。

SKYACTIV-Dの詳細はこちら

SKYACTIV-G

高圧縮比(※1)での燃焼を実現した直噴ガソリンエンジン。叶えたのは人馬一体のパワーフィールと優れた低燃費。

SKYACTIV-Gの詳細はこちら

SKYACTIV-HYBRID

マツダのハイブリッドが追求した「人馬一体」の走り、そして低燃費。

SKYACTIV-HYBRIDの詳細はこちら

※1 [圧縮比]:ピストンが一番下にあるときの燃焼室の最大容積A(シリンダー+燃焼室)と、ピストンが一番上にあるときの最小容積B(燃焼室のみ)の比率。

トランスミッション
クルマを意のままに操る快感を追求

トランスミッションは、自動車の走行性能に大きく影響を与えます。すべてのトランスミッションのメリットを集約し、「ダイレクト感」「なめらかな変速」「低車速での燃費」を徹底的に追求した、オートマチックトランスミッション。
スポーツカーのように、意のままに操れるシフトフィールを実現する、軽量かつコンパクトなマニュアルトランスミッション。
ドライバーのイメージに沿った動きを実現する理想的なトランスミッションで、マツダは、走る歓びを提供します。

SKYACTIV-DRIVESKYACTIV-DRIVE

すべてのトランスミッションの利点を集約した新世代高効率オートマチックトランスミッション。

SKYACTIV-DRIVEの詳細はこちら

SKYACTIV-MTSKYACTIV-MT

軽快なシフトフィールと大幅な軽量・コンパクト化を実現した、新世代マニュアルトランスミッション。

SKYACTIV-MTの詳細はこちら

プラットフォーム
どこまでも走っていきたくなる。安定した乗り心地。

走る、曲がる、止まるという、自動車の基本性能を飛躍的に向上させるために。マツダは、高い剛性と、快適性・安定性を確保しながら、ボディとシャシーを中心に、前モデルと比べ、約100kgの軽量化を実現しました。クルマの土台の革新が、マツダが目指す「人馬一体」につながるのです。

SKYACTIV-BODYSKYACTIV-BODY

「走る歓び」を支える高い剛性と、最高レベルの衝突安全性を実現した軽量ボディ。

SKYACTIV-BODY詳細はこちら

SKYACTIV-CHASSISSKYACTIV-CHASSIS

クルマと一体になって走る楽しさと、安心感のある乗り心地を追求。

SKYACTIV-CHASSISの詳細はこちら

  

SKYACTIV TECHNOLOGY 関連記事

おすすめ

もっともっと、人とひとつになるクルマを。マツダのクルマづくり

“エンジンでシャシー性能を高める”新発想   G-Vectoring Control つくり手の想い

「自動車業界にとってエポックメイキング」 清水和夫氏G-Vectoring Controlインプレッション

低圧縮を実現したのが、マツダのクリーンディーゼルです

走りそのものが楽しめるダイレクト感

カーラインナップ