マツダが誇る「匠の技」

生きたクルマをつくる。それは表面的な形をなぞることではありません。
クルマの形にとらわれない、純粋に生命感をカタチにするチャレンジと、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた高い造形力「匠の技」によって成し遂げられたものです。我々の情熱とこだわりを感じてください。

クルマの楽しさを、柔軟な思想で描き出す。

デザイナー 鈴木 政也

見るだけで乗ってみたくなる、いますぐに駆け出したくなる、そんな胸躍るデザインを目指して。
理想と現実が調和するカタチを求めて、膨大な数のスケッチを重ねながらイメージを研ぎ澄ませていく。
デザイナー、鈴木政也。走る楽しさを加速させる空間が、彼の手から生まれる。 

目に映るすべての造形に、意図のあるデザインを。

デザイナーの仕事は、開発モデルのコンセプトをふまえ、アイデアスケッチを描くことから始まる。「私が担当するインテリアでは、ドアを開けた時に見えるすべてのものをデザインします。その一つひとつには、なぜその形なのかという理由があります。それは世界観や機能性の反映といったものです」。

デザイナー 鈴木 政也

さらに造形美にこだわるマツダでは、美しさという要素は外せない。「造形を美しく見せるには、光の当て方が重要です。光が入る方向を考慮して、きれいに陰影ができる形をつねに意識しています」。緻密に計算してデザインしているとはいえ、ユーザーには理屈抜きで美しいと感じてもらいたいという。

気づかない部分にこそ、強いこだわりを注ぐ。

デザイナー 鈴木 政也

「マツダはドライバーを中心としたクルマづくりをしています。インテリアでは、シートに座った時にまず運転してみたいと思わせるレイアウトを考えます。それは前進するイメージだったり、コクピットのように包まれる感覚だったりします」。デザインへの強いこだわりは、ユーザーが気づかないような細部にまでおよぶ。

「例えば、ドアを開ける時につかむ部分も、握りやすいように裏側の形状まで考えて作っています。また、開けたドアの下から足元を照らすライトも、外から見えないよう少し押し込んだ位置に取りつけてあります」。こんなところまでと思う部分にデザインが施してあれば、クルマへの愛着も深まるはず。彼はそう信じている。 

気づかない部分にこそ、強いこだわりを注ぐ。

伝えたいのは、クルマで走る楽しさ。

デザイナー 鈴木 政也

細部にまで注がれるデザインへのこだわり。その強い意思はどこから生まれるのか。「やっぱりクルマの運転って楽しい、と思ってもらいたいんです。クルマを単なる移動手段と考えている人は、実際、昔より多いのかも知れません。でも、そんな人こそマツダに乗ってもらえたら、きっとクルマの楽しさが伝わると思うんです」。 

「クルマを見た時の印象、走り出した時の印象、降りて残っている印象、そのすべてを完璧にデザインすることが私たちの目標です。デザインがやるべきことに、終わりはないのです」。クルマで走る楽しさをデザインで表現する。その課題に彼は日々立ち向かっている。

優れた技術や思想が響きあい、
新たなプロダクトを生み出すMazda Design。

デザインを優先しすぎると、造形として成立しないケースも出てくる。立体を作るクレイモデラーの意見を聞きつつ、
そこからアイデアを発展させ、さらに優れた造形が誕生する。そんな好循環が生まれるのが、マツダデザインのよさだという。
ひとりの情熱はチーム全体を動かすエネルギーとなり、多くの人の心をとらえる美しさを創造していく。 

優れた技術や思想が響きあい、新たなプロダクトを生み出すマツダデザイン。

  

マツダが誇る「匠の技」 関連記事

おすすめ

マニフェスト

「クルマを見る目が変わります」

「納得!これがマツダのクルマづくりなんだ」

マツダのコンビネーション、SKYACTIV-D×i-ACTIV AWD

本当に共感できる者同士の幸福なコラボレーション

カーラインナップ