G-ベクタリング コントロール(GVC)

クルマと一体となる
気持ちのよいドライビング体験をより多くの方へ

ドライバーの運転技量によらず、低速からの日常走行、
高速直進走行、ワインディング走行や緊急回避時など、
幅広い走行シーンで誰もがリラックスして思いのままに
クルマを操れる感覚をさらに高い次元に引き上げる、
それがG-ベクタリング コントロールです。

ベネフィット


様々なシーンでクルマの動きをスムーズに。
検証Movieで効果を実感。

1.ハンドル修正操舵を低減

ドライバーのメリット


思った通りに走れて、運転への自信が高まる

2.乗員の体の揺れを低減

同乗者のメリット


疲労の蓄積を抑制し、快適なドライブを楽しめる

3.高速走行、悪路での安定性の向上

高速走行、雪道でのメリット


安定したクルマの動きによって、安心感が高まる

体感インプレッション


クルマが一体感をもって反応する。新しい感覚との出会い。

モータージャーナリストの声

マツダオーナーの声

その他車種オーナーの声

  

TRY! MAZDA

メカニズム


クルマの基本的な動きを調和させ、一体化させる世界初のテクノロジーとは。

「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想

ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロール。これにより、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初*の制御技術です。

*2016年6月現在の量産車として マツダ調べ

開発者トークセッション Movie

開発エピソード


鍵となったのは、応答性に優れたSKYACTIVエンジンの存在。

開発者インタビュー Movie

  

G-ベクタリング コントロールは
進化したSKYACTIV TECHNOLOGYのカタチ


SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICSの第1弾

SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークルダイナミクス)

マツダが目指す人馬一体の走りの実現に向けて、SKYACTIV技術が進化しました。
これまで磨き上げてきた、エンジン、シャシー、ボディ、トランスミッションなどのスカイアクティブテクノロジーの個々のユニットを統合的につなぎ合わせ、連携させる、「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークルダイナミクス)」という新しいブレイクスルー。
G-ベクタリング コントロールは、その第1弾の技術です。

LINEUP


SKYACTIV技術搭載車へ続々と展開

TRY! MAZDA


カンタン見積り

試乗車検索

販売店検索

カタログ請求