マツダの安全は、
自動ブレーキだけでは終わらない。

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。それが、マツダの安全思想です。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑える。
マツダはクルマの基本設計からこだわるとともに、独自の先進安全技術を次々と標準装備していきます。

マツダが考える安全性能を動画でご紹介します。

マツダは2017年度中に、AT誤発進抑制制御、車線変更時や駐車場などでの後退時に危険を警告する技術(RCTA、BSM)、衝突被害軽減ブレーキ(※1)を、ほぼすべての新世代商品(※2)を対象に順次標準化します。

※1 SCBS F、SCBS R、アドバンストSCBSのいずれか(複数の場合を含む)
※2 デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5が対象

  

ブレーキの自動制御で衝突の被害を軽減
  

ギアの入れ間違い、ペダルの踏み間違いによる急発進を抑制

  

車線変更の時、死角になりやすい後方からのクルマの接近をドライバーに通知

バックで駐車場を出る時、左右から接近するクルマをドライバーに通知

  

  

マツダは安全をクルマの基本設計から考える。
「こだわりのドライビングポジション」

マツダは安全をクルマの基本設計から考える。 「こだわりのドライビングポジション」

正しいドライビングポジションは、適切なペダルレイアウトから生まれます。自然に足を伸ばした先にペダルを配置することで、ドライバーの疲労を軽減するだけでなく、危険な目に遭った際、瞬時に動けるように設計しました。
安全・安心は走る歓びを支えるからこそ、マツダ独自のこだわりとしてクラスを問わず反映しています。

  

先進の安全技術を次々と標準装備へ。
まずは、コンパクトカーのデミオから。

  

ドライバーに寄り添い、「走る歓び」をいつもサポート。それが「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術。

ドライバーが安全に運転できる状態を保てるよう、各種デバイスが”危険”に目を光らせる。
刻一刻と変化する運転環境下において、ドライバーの危険に対する認知・判断・操作をサポートし、万一の際にも被害を軽減。
マツダの安全は、自動ブレーキだけでは終わらない。

  

マツダの「安全運転サポート車」ラインナップ

  

いつもドライバーを主役に考える安全思想、「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」。

ドライバーが安全に運転できる状態を確保したうえで、迫りくる危険を未然に防ぎ、もしもの時にもきちんと備える。
いつもドライバーを中心に考えるクルマづくりで
安全・安心な運転を育み、その先の“走る歓び”へとつなげていきます。

「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」についてさらに詳しく

  

マツダの安全性能に対する高い評価


JNCAPによる2つの厳正な安全性能テストで、マツダのクルマが高評価を獲得。

第三者機関であるJNCAPが公表する、衝突回避/被害軽減の自動ブレーキをはじめとする
先進安全技術の「予防安全性能評価」、万一の事故の際に被害を抑えるための安全性能に対する
「新・安全性能総合評価」で最高ランクの評価を獲得しています。

JNCAPでの高評価獲得についてさらに詳しく

自動ブレーキをはじめ、マツダの予防安全技術が高評価を獲得。/子どもの安全を守る技術がキッズデザイン賞を受賞。

先進安全技術を搭載したアクセラが、平成28年度(前期分)の
JNCAP予防安全性能評価で最高ランクの「ASV++」を獲得。
新たに追加された歩行者対応自動ブレーキ評価では、
全試験車中、最高得点をマークしました。

詳細はこちら

子どもに多い飛び出し事故に備える
「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と、
クルマ酔いを軽減する「G-ベクタリング コントロール」が、
第10回キッズデザイン賞を受賞しました。

詳細はこちら


カンタン見積り

試乗車検索

販売店検索

カタログ請求