ガソリンとクリーンディーゼル、2つのエンジンを持つ理由。

ガソリンエンジンの燃料はガソリン、ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。ガソリンも軽油も、同じ石油から精製されるものですが、日本では軽油の消費量が少なく、余剰分を輸出しているのが現状です。

マツダは石油をムダなくバランスよく使い、省資源化に貢献するクルマ社会を目指しているため、ガソリンとクリーンディーゼルの2種類のエンジンを備えています。

ガソリンエンジンの燃料はガソリン、ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。ガソリンも軽油も、同じ石油から精製されるものですが、日本では軽油の消費量が少なく、余剰分を輸出しているのが現状です。

マツダは石油をムダなくバランスよく使い、省資源化に貢献するクルマ社会を目指しているため、ガソリンとクリーンディーゼルの2種類のエンジンを備えています。

2つのエンジンが生み出す、
意のままに加速を操る楽しさ。

アクセルを踏んだ瞬間に、踏んだ分だけ忠実に、スッと加速する。このようなリニアな加速感こそが、
ドライバーに意のままにクルマを操っているという感覚を与え、“走る歓び”をもたらします。
マツダが追求するこの感性に直結した走りは、ガソリンとクリーンディーゼル、どちらのエンジンでも体感できます。

リニアな応答性と
優れたコントロール性

いつまでも運転したくなるくらい、アクセル操作が楽しくなる。
扱いやすいから、安全・安心に運転ができる。

リニアな応答性と
優れたコントロール性

いつまでも運転したくなるくらい、アクセル操作が楽しくなる。
扱いやすいから、安全・安心に運転ができる。

走りの楽しさをあきらめることなく
実現した優れた燃費・環境性能

燃費・環境性能に優れたクルマを対象とした「環境性能割」「エコカー減税」「クリーンディーゼル補助金」に適合※1

走りの楽しさをあきらめることなく
実現した優れた燃費・環境性能

燃費・環境性能に優れたクルマを対象とした「環境性能割」「エコカー減税」「クリーンディーゼル補助金」に適合※1

大切なのは、実際に運転する状況での性能。

マツダは、実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際にクルマを運転する状況での性能を重視して内燃機関の開発を行ってきました。

その一環として、お客様の実際の使い方に対して正しい排気量を選択し、実用燃費の向上や余裕のある走りを目指したエンジン開発や、従来のテストモードであるJC08モードよりも実用に近いWLTCモード※2走行試験の認可取得を進めています。

マツダは、実質的なCO2削減とお客様価値の最大化に向けて、従来から実際にクルマを運転する状況での性能を重視して内燃機関の開発を行ってきました。

その一環として、お客様の実際の使い方に対して正しい排気量を選択し、実用燃費の向上や余裕のある走りを目指したエンジン開発や、従来のテストモードであるJC08モードよりも実用に近いWLTCモード※2走行試験の認可取得を進めています。

WLTCモード燃費表示の採用WLTCモード

WLTCモードとは、「市街地モード(WLTC-L)」「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」の3つの走行モードで構成された国際的な試験方法です。
今後、WLTCモードの認可を取得した車種から、同モードに基づく燃費「WLTCモード燃費」と、3つの走行モード毎の燃費の値がカタログなどに表示されます。お客様はご自身の走行環境に合わせて、実態に近いモード燃費を確認できるようになります。

お客様の実際の使用シーンをとことん考え、
開発したマツダのエンジン

一瞬のひらめきとあふれる情熱から生まれたガソリンターボエンジン。

まるで白鳥のように、静かに上質に、意のままに走るクルマ。
世界のどこにもないエンジンを完成させたのは、家のガスコンロ掃除でひらめいたアイデアでした。

SKYACTIV-G 2.5T エンジン開発者インタビューを見る

力強いトルク、リニアで正確なレスポンス、高回転までスムーズに伸びていく爽快な加速感など、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのメリットを兼ね備えました。マツダらしい走りの気持ちよさをピュアに楽しめます。

力強いトルク、リニアで正確なレスポンス、高回転までスムーズに伸びていく爽快な加速感など、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのメリットを兼ね備えました。マツダらしい走りの気持ちよさをピュアに楽しめます。

革新技術

火花点火制御圧縮着火(SPCCI※3

ガソリンを燃料としながら、ほぼ全域でリーンバーン(希薄燃焼)を実現。
低回転から高回転まで、少ない燃料で高効率な燃焼が可能。

M HYBRID

減速エネルギーを電力として蓄え、発進加速時にモーターで駆動をアシストするマツダ独自のマイルドハイブリッドシステム。エンジンの効率を高めつつ、燃費性能の向上に貢献します。

  1. 搭載車種/エンジンにより適合状況が異なります。
  2. Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle(世界統一試験サイクル)モードの略称。
  3. SPCCI:Spark Controlled Compression Ignition

新技術搭載車種

アメリカの企業平均燃費値で5年連続総合1位を獲得

米国環境保護庁(EPA)が公表した2016モデルイヤー車の「燃費トレンドレポート」において、マツダの企業平均燃費値※4が総合1位となりました。
マツダの総合1位獲得は、5年連続となります。

  1. 企業平均燃費値:各社が一年間に販売した車の平均燃費。EPAの「燃費トレンドレポート」では、EPAが定めた手法による各車種の燃費値(市街地と高速道路走行時)をモデルイヤー(年式)ごとに販売台数に応じて加重平均している。
  • 2018年1月現在、アメリカはSKYACTIV-Gのみ導入。

関連コンテンツ

TOP