MAZDA

SKYACTIV-D

SKYACTIV-D

MAZDAのクリーンディーゼルは進化をやめない

圧倒的なトルクによる胸のすくような加速と、遠くへ足を運びたくなる優れた燃費性能。
マツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」は、
これまでの常識を覆す独自の低圧縮比化を実現し、走行性能、燃費性能、環境性能を大幅に改善しました。
目指したのは、ドライバーが「走る歓び」を感じることができる、マツダの志が詰まった世界一のエンジン。
2012年に登場後もその理想を実現するため、「SKYACTIV-D」は進化を続けています。

4つのキーワードから分かるマツダのクリーンディーゼル

クリーンディーゼル体感ボイス

マツダのクリーンディーゼル技術革新

新しい燃焼 急速多段燃焼
(SKYACTIV-D 2.2搭載技術)

マツダがずっとこだわってきた燃焼の原点に立ち返り、「燃費/静粛性/環境性能」を高いレベルで両立する理想の燃焼を追求しました。そして新採用の超高応答マルチホールピエゾインジェクターが、これまで以上に自由度の高い多段燃料噴射を実現。これにより燃料をきれいに燃やして効率的に力に変えることを可能にしました。また、ピストン上面に段を付けたエッグシェイプピストンと、このインジェクターの組み合わせで、これまでより噴射範囲をより綿密に制御できるようになり、クリーンで無駄のない燃焼を実現しました。

  • 急速多段燃焼はCX-5、CX-8搭載技術

ディーゼルのレスポンスを革新
DE精密過給制御

DE精密過給制御は、アクセルを踏み込むスピードに応じて過給圧の制御を最適化し、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする新技術。これまでのSKYACTIV-Dでも造り込んできた「リニアさ」をより磨き上げ、ドライバーとクルマの「人馬一体」感のレベルをさらに向上させました。誰もがどんなシーンでも“意のまま”にクルマを操れる、理想的な走りを実現します。

DE精密過給制御の詳細はこちら

開発秘話はこちら

ディーゼルの音を革新
ナチュラル・サウンド・スムーザー

ナチュラル・サウンド・スムーザー
ナチュラル・サウンド・スムーザー

ナチュラル・サウンド・スムーザーとは、ピストンピンに組み入れたダンバーが、燃焼によるピストン系のノック振動を打ち消す技術です。これにより、発進時やゆっくり加速するときに生じるディーゼルノック音を大幅に抑制するとともに、エンジン音質の向上を実現。耳で感じる心地よいエンジン音もまた、マツダの求める“走る歓び”なのです。

ナチュラル・サウンド・スムーザーの詳細はこちら

開発秘話はこちら

関連コンテンツ

TOP