MAZDA

マツダの先進安全技術

i-ACTIVSENCE

マツダの先進安全技術

i-ACTIVSENCE

小さなクルマでも安全性能に差をつけない。

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。 それが、マツダの安全思想です。
この考えに基づき開発したのが「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術群。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

マツダは、国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術の他、
クルマの大きさに捉われず、先進安全技術をコンパクトカーからハイエンドモデルまでの全グレードに標準装備。

設定車種 デミオ、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RFが対象

ワイド国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術。

全グレード標準 設定車種の全グレードに先進安全技術を標準装備

発進・後退時の安全をサポート

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)※1※2

駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートします。

設定車種:デミオ、CX-3、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RF

360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)※1※2※3※4

狭い場所での駐車やすれ違い、T字路への進入をサポート。

前車両の前後左右に備えた計4つのカメラを活用し、車両を上方から見たようなトップビューのほか、フロントビュー、リアビュー、左右サイドビューの映像をセンターディスプレイに表示。リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)や8つのパーキングセンサーで対象車両や物を検知して知らせる警報音とともに、低速走行時に目では直接確認しづらいエリアの安全確認をサポートします。

モニターの映像は、マツダならではの人間中心の設計思想に基づき、歪みが少なく遠近感や距離感をつかみやすい自然な映像を目指しました。狭い場所での駐車、狭い道でのすれ違い、T字路への進入時などで確認したいエリアの状況が直感的に把握しやすく、より的確な運転操作に役立ちます。

設定車種:デミオ、CX-3、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-8

KIDS DESIGN AWARD 2018

   

  • モニター画面はハメ込み合成です。
  • モニター画面はハメ込み合成です。
[動画で解説] こんなシーンをサポート
リアパーキングセンサー

後方の障害物を感知して警告。

リアバンパーの超音波センサーが近距離の静止物を感知し、警告音でドライバーに注意をうながします。

設定車種:デミオ、CX-3、アクセラ、アテンザ、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RF

  • 装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
  1. ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、DAA、MRCC、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
  2. 天候状況(雨・雪など)、隣接する壁や駐車車両の状態などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  3. カメラが映し出す範囲やセンサーの検出範囲は限られています。また夜間や暗い場所など、使用状況により画質が低下する場合があります。 画面はイメージで実際とは異なる場合があります。安全のため、モニターの映像を過信せず目視による安全確認を行いながら運転してください。
  4. 字光式ナンバープレートとの同時装着はできません。車速約15km/hを越えると画面が消える設定としています。
  • その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。
TOP