MAZDA

マツダの先進安全技術

i-ACTIVSENSE

マツダの先進安全技術

i-ACTIVSENSE

小さなクルマでも安全性能に差をつけない。

危険な状況に陥ってから対処するのではなく、危険自体を回避する。 それが、マツダの安全思想です。
この考えに基づき開発したのが「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術群。
さまざまな運転環境で、ドライバーの認知・判断・操作をサポートし、事故のリスクを最小限に抑えます。

マツダは、国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術の他、
クルマの大きさに捉われず、先進安全技術をコンパクトカーからハイエンドモデルまでの全グレードに標準装備。

設定車種 デミオ、MAZDA3、アテンザ、CX-3、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RFが対象

ワイド国が推奨する新しい自動車安全コンセプト「サポカーS」の「ワイド」に該当するための技術。

全グレード標準 設定車種の全グレードに先進安全技術を標準装備

走行時の運転負担を軽減

交通標識認識システム(TSR)※1※3

アクティブ・ドライビング・ディスプレイで交通標識の見落としを防ぐ。

走行中にカメラで交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告して、安全運転をサポートします。

設定車種:デミオ、CX-3、MAZDA3、アテンザ、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RF

  • 車種により識別する交通標識は異なります。詳しくは取扱書をご確認ください。
  • 画像は、ショップオプションのナビゲーション用SDカードPLUS装着時のイメージです。
  • ロードスター、ロードスター RFはマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。
交通標識認識システム(TSR)※1※3

アクティブ・ドライビング・ディスプレイで交通標識の見落としを防ぐ。

走行中にカメラで交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告して、安全運転をサポートします。

設定車種:デミオ、CX-3、MAZDA3、アテンザ、CX-5、CX-8、ロードスター、ロードスター RF

  • 車種により識別する交通標識は異なります。詳しくは取扱書をご確認ください。
  • 画像は、ショップオプションのナビゲーション用SDカードPLUS装着時のイメージです。
  • ロードスター、ロードスター RFはマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。

   

ドライバー・モニタリング ※1※4

ドライバーの疲労や眠気を検知し、休憩を促すシステムです。約5km/h以上で走行しているとき、ドライバーモニタリングカメラで顔の各部位の特徴点の変化を検出し、ドライバーの疲労や眠気を推定して、マルチインフォメーションディスプレイの表示および警報音でドライバーへ休憩を促します。

設定車種:MAZDA3

ドライバー・モニタリング ※1※4

ドライバーの疲労や眠気を検知し、休憩を促すシステムです。約5km/h以上で走行しているとき、ドライバーモニタリングカメラで顔の各部位の特徴点の変化を検出し、ドライバーの疲労や眠気を推定して、マルチインフォメーションディスプレイの表示および警報音でドライバーへ休憩を促します。

設定車種:MAZDA3

クルージング&トラフィック・サポート(CTS)※1※2

追従走行機能とステアリングアシスト機能により、高速道路や自動車専用道路の渋滞時に運転疲労の軽減をサポートするシステムです。先行車との車間距離を一定に保つ追従走行に加え、車線を検知している場合はステアリングアシスト機能が車線に沿った走行をアシスト。車線を検知していない場合は、先行車の走行軌跡に沿った走行をアシストします。

設定車種:MAZDA3

  • 追従走行機能とステアリングアシスト機能は、作動条件の車速に差があります。(追従走行機能:AT車 0km/h~高速域まで、MT車 約30km/h~高速域まで、ステアリングアシスト機能:AT車 約55km/h未満、MT車 約30~55km/h)
クルージング&トラフィック・サポート(CTS)※1※2

追従走行機能とステアリングアシスト機能により、高速道路や自動車専用道路の渋滞時に運転疲労の軽減をサポートするシステムです。先行車との車間距離を一定に保つ追従走行に加え、車線を検知している場合はステアリングアシスト機能が車線に沿った走行をアシスト。車線を検知していない場合は、先行車の走行軌跡に沿った走行をアシストします。

設定車種:MAZDA3

  • 追従走行機能とステアリングアシスト機能は、作動条件の車速に差があります。(追従走行機能:AT車 0km/h~高速域まで、MT車 約30km/h~高速域まで、ステアリングアシスト機能:AT車 約55km/h未満、MT車 約30~55km/h)
  • 装備内容はグレードやメーカーオプションの設定により異なります。
  1. ALH、HBC、AFS、BSM、RCTA、LAS、LDWS、FCTA、DAA、MRCC、ドライバー・モニタリング、CTS、SCBS、AT誤発進抑制制御、SBS、TSR、360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。したがって、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。
  2. 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、天候状況(雨・雪・霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  3. 対象標識(明るすぎる・暗すぎる・汚れ、雪、木などで隠れているなど)、天候状況(雨・雪・霧など)道路状況(カーブが連続する道路など)などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  4. 頻繁に顔の向きを動かす、目や顔の一部が隠れている、光の環境が大きく変化するなどの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  • その他、重要な注意事項がございますので、営業スタッフにおたずねいただくか取扱書をご確認ください。
TOP